日本の感染症法

日本には感染症法による感染の分類があり、現在8つの感染症の分類に分かれています。ウイルスは環境に応じて変化・進化するものですので、それに対応する為、伝染病予防法から感染症法へと名称が変えられ、1999年4月1日から施工されています。

日本の感染症法の2016年4月記事一覧

  • 感染症は感性症に精通している医院に相談

    感染症により感染が生じるには感染源となるウイルスが人体に入り込まなければなりません。 こうしたことから感染症の経路を遮断するということは大切なことと言えます。 日頃の生活にて気をつけなければならない感染症の経路は接触や空…続きを読む