日本の感染症法

日本には感染症法による感染の分類があり、現在8つの感染症の分類に分かれています。ウイルスは環境に応じて変化・進化するものですので、それに対応する為、伝染病予防法から感染症法へと名称が変えられ、1999年4月1日から施工されています。

日本の感染症法の2016年1月記事一覧

  • 感染症とうつ病に関する法律について

    現代社会で暮らしている誰もがなる可能性のある感染症やうつ病は専門の法律によって予防法や発生した時の対処法が明記されています。 感染症の場合は感染症予防法にのっとって迅速な措置が施されます。この法律には感染症のレベルによっ…続きを読む