日本の感染症法

日本には感染症法による感染の分類があり、現在8つの感染症の分類に分かれています。ウイルスは環境に応じて変化・進化するものですので、それに対応する為、伝染病予防法から感染症法へと名称が変えられ、1999年4月1日から施工されています。

血小板減少と伴う感染症のAIDSとその予防法の基本

血液検査の異常値を見ることによって自分が何らかの疾患になっていると気づくことになるというのは珍しいことではありません。病気にかかっていても自覚症状がないということはよくあることであり、血液検査の結果を踏まえて自分の身体の異常について調べていくことになるでしょう。わずかなデータからその原因を特定していくということは専門の医師でも難しいことが多く、あらゆる検査を駆使して情報を集めていくことになります。血小板減少が生じたという場合には疑われやすいのが免疫系の異常です。候補として上がるのは感染症であるAIDSや、免疫系に作用する薬物、結合組織増殖性疾患といったものであり、特に近年では感染症として広がってきたAIDSに疑いが持たれがちな傾向があります。免疫系の異常以外でも、グラム陰性菌に対する感染症として敗血症が生じると血小板減少が生じることが知られており、自覚症状の違いからこういった選択肢の中から診断が下せることがほとんどです。血液検査で血小板減少が確認されるまで病気であるとわからなかったという事態においては最も疑われるのがAIDSとなるでしょう。AIDSの潜伏期間は長く、自覚症状が出るまでには長い年月がかかるものであり、免疫系の細胞が徐々に破壊されていく様子を見て推察がつくことも珍しいことではないのです。AIDSの予防法の基本はHIVのキャリアとの性的接触や血液への接触を避けるというものです。人の血液に触れないという予防法は容易であっても、恋に落ちた相手がAIDSであった場合には性的接触を避け難いものでしょう。しかし、コンドームの着用だけでもかなり効果の高い予防法となることは留意すべきことです。