日本の感染症法

日本には感染症法による感染の分類があり、現在8つの感染症の分類に分かれています。ウイルスは環境に応じて変化・進化するものですので、それに対応する為、伝染病予防法から感染症法へと名称が変えられ、1999年4月1日から施工されています。

日本性感染症の学会とは?保健所における検査手順

日本性感染症に関する学会が存在します。日本性感染症の学会では、性感染症に関わる研究や、学会員同士の交流を行い、知識を高め、世間にその知識を広めることを目的としています。2012年の段階で会員数は1630名ほどとなっています。日本性感染症の学会には大会長と理事長が存在し、どちらも全国的に知られる大きな病院の関係者が、その役についています。公式サイトが存在し、誰にでも閲覧できますので、興味があるなら確認してみるとよいでしょう。
性感染症は性行為を経験する男女がかかる可能性のある病気です。クラミジアやヘルペス、淋病、コンジローマ、HIVなどのいくつかの種類があります。カンジダは他の性感染症と比較すると意味が少し異なりますが、感染することがありますので、枠に含まれています。
これらの性感染症にかかっても、直ちに症状があらわれない場合が多いため、早期発見が遅れてしまうこともあります。少しでもおかしいと感じたなら、早めに保健所や医療機関で検査を受けるべきです。直ちに治療を開始すれば、軽い症状で完治できたり、悪化を食い止めることができます。
性感染症の検査手順ですが、保健所、もしくは泌尿器科や婦人科などの医療機関へ向かいます。予約無しで行なってくれるところもありますが、予約を入れた方がスムーズです。保健所の検査手順の場合、HIV検査は多くの場所で受けられますが、別の病気に関しては行なっていない場合もあります。
保健所の場合の検査手順として、まず問診票に必要事項を記入しますが、氏名や住所は不要な例が多くあります。その後、カウンセリングで問診や、検査の内容を受けることができます。尿検査や採血を行なった後日、検査結果を教えてもらう流れです。