日本の感染症法

日本には感染症法による感染の分類があり、現在8つの感染症の分類に分かれています。ウイルスは環境に応じて変化・進化するものですので、それに対応する為、伝染病予防法から感染症法へと名称が変えられ、1999年4月1日から施工されています。

感染症とうつ病に関する法律について

現代社会で暮らしている誰もがなる可能性のある感染症やうつ病は専門の法律によって予防法や発生した時の対処法が明記されています。
感染症の場合は感染症予防法にのっとって迅速な措置が施されます。この法律には感染症のレベルによって個人、行政機関、医療機関が行う事が明記されています。その他の医療関係の法律も活用し、感染症の拡大の防止に取り組みます。
感染症の場合、多くの人々がパニックになりスムーズに法律が運用されないケースがあります。
うつ病の場合は労働、保健衛生、障害関係の法律を組み合わせて患者のケアや社会復帰に取り組んでいます。うつ病の場合は患者である個人だけではなく、企業等の法人のサポートも法律に明記されています。法人はその法律に沿ってうつ病を患った個人のサポートを行います。また、うつ病の場合は人によって重視する法が異なるので個別の対応が容易ではないです。法ではうつ病患者のサポートを明記していますが、職場や社会の彼らへの理解はまだまだ乏しく、誤解や偏見で苦しむ当事者がたくさんいます。法は存在しても実際の社会で患者や企業を十分にサポート出来るものではないと感じるケースが多くあります。
感染症もうつ病もある程度が法律が整備され、問題が発生しても社会で生活を営んでいる人々に不利益を与える事はなくなりました。けれども、その法も完全なものではないため、そのネットから漏れてしまうと長期間にわたって苦しい思いをする人がいます。
今後、法を作成して終わるのではなく、時代に合った課題に迅速に対応出来る仕組みを構築し、時代が変化すればまた新たなものをつくるといった流れを一般化する事が非常に重要になります。個をもっと重視する法が必要です。